庭にはウッドデッキを付けよう|専門家に依頼が鉄則

手すりの外構工事

一軒家

手すりの取り付け方

千葉ではエクステリアの業者に依頼して、屋外に手すりを設置することが人気になっており、手すりを取り付ける事によって高齢者でも安心して暮らせます。千葉には手すりの取り付けを得意としている、エクステリアの業者が数多くあるため、そういった業者を利用することで安い費用で取り付けられます。エクステリアの業者に依頼して手すりを取り付ける場合には、手すりの高さは80センチくらいが適しています。手すりの位置は高すぎると体を支えることが難しくなるため、最も力を入れやすい高さに調整します。千葉ではエクステリアで手すりを取り付ける時に、手すりが二段になっているタイプを取り付ける人が増えています。手すりが二段になっていることで家族に幼い子供がいても、手すりの下から転落する危険をなくせます。また車椅子で補助として手すりを使いたい場合にも、二段になっている手すりであれば、低い方の手すりを使えるため便利です。屋外用の手すりは外構工事と一緒に取り付けるのが理想なので、千葉ではエクステリアの工事と一緒に、手すりを付ける人が多いです。外構工事と一緒に手すりを取り付ける事で、先に柱を埋めてから玄関のタイルを貼れるため、仕上がりが良くなります。外構の工事とは別に手すりを取り付ける場合には、柱を埋めるための穴を掘ったり、プレートによって柱を固定させます。プレートを使って柱を固定する施工では、床だけでなく壁にも柱を取り付けることが可能です。